スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおかみこどもの雪と雨

2012/08/10 02:53
134162995789213106914.jpg


細田守監督最新作、『おおかみこどもの雨と雪』を観てまいりました。

個人的には今作も素晴らしかったです。

おおかみおとこと結婚?おおかみこどもが生まれる?

あらすじ読んだ時、随分ファンタジーに走ったなと正直不安でしたが、

細田監督、今回もお見事でございました。


『時をかける少女』『サマーウォーズ』よりもゆったりと時間が流れていきます。

花(お母さん)が強い。そして雨と雪がかわいい。

クスッと笑えるシーンも。

夜の教室で草平くんに「草平くんを傷つけた狼、わたしなの。ごめんね」

と泣きながら狼の姿で打ち明ける雨。

草平くんは「雪の秘密、知ってた。誰にも言ってない」。

誰にも知られたくない秘密を勇気を出して打ち明けて、相手が受け入れてくれた時の気持ちって、

なんかもう、上手く表現できないんだけど、ほんとに涙が出るくらい嬉しいのね。

という訳で泣きました。草平くんも複雑な家庭だから、年齢より大人びてるんだろうな。


花「会いたかった」

彼「ずっと君を見ていた」

彼「立派に育てた」

花「ううん。失敗ばかり」


花が「会いたかった」と彼に抱きついて頬を寄せ合うシーンは本当に幸せそうで号泣。

お花畑(=夢の中)っていう演出も効いてたなぁ。淡い優しい世界だった。


『時をかける少女』は青春、『サマーウォーズ』は家族、

『おおかみこどもの雨と雪』は母の強さを描いています。

“ポスト宮崎駿”は細田監督なんじゃないか?と思わせるくらいハズレがありません。

まだ観に行ってない方は、是非。
← 【更新】活動 | Home | 【2010夏】ワンフェス →



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。